教育の特色

ホーム教育の特色

大西学園の教育

一人ひとりにきめ細かく対応し、児童の個性と能力をのばす指導

大西学園では1年生から6年生まで、個別指導による充実した教育を実施しています。担任だけでなく、教師
全員で児童を指導していこうという教育姿勢を貫き、時に厳しく、時に優しく、常に温かい目で見守っています。
教室での授業は、気力・体力・努力、特に集中力を大事にし、授業前に瞑想をして心を落ち着けてから本題に
入るようにしています。
また、1~6年生の縦割り行事が多く、児童はまるで兄弟姉妹のような親密さです。上級生・下級生との付き
合いを通じて、生涯欠かせない思いやりの心や責任感を自然に学び、身に付けていきます。 


家庭的な雰囲気の中で、人間としての基礎をつくる

お話をする時は語尾まではっきり言う、靴をきちんとしまう、洋服をきちんと掛けるなどの基本的な生活習慣
から、教師や上級生に対する言葉遣いや挨拶の仕方などもしっかり身に付けさせます。気づいた時に、その場で
指導する家庭的な雰囲気もプラスに作用し、子ども達は自然に行儀作法をマスターしていくようになります。
また、上手な話し方や人前できちんと話せる指導も早くから行っていきます。





 
一人ひとりに合った個別指導
元気な挨拶から1日が始まります。
授業前の瞑想
個性と能力をのばす指導

英語教育

国際社会を見据え、早くから英語教育に着手

  大西学園では、1年生から6年生までの6年間、週2時間ずつ英語の授業を実施しています。
全学年週2時間の
うち、1時間は外国人教師に教わります。

 「聞く・話す」から、徐々に「書く・読む」までできるように指導しています。身の回りにある物の名前から時計の読み方等、日常的なことから始めるのですが、児童も興味津々です。生活に密着し、すぐに応用できる英語教育を心がけています。
授業中、日本語はほとんど使いません。
より生きた英語能力が身に付きます。

芸術教育

感性を磨き、個性を伸ばす柔軟な芸術教育

児童の感性を目覚めさせ、育み、伸ばすために、大西学園では芸術教育にも力を入れています。
一般の小学校では担任の教師が兼任することも多い実技の授業ですが、図工・音楽・体育は専門の教師により、
独自のカリキュラムによる指導が行われています。
ここでも大切にしているのは、児童一人一人の個性を生かす
こと。決して型に押し込めない柔軟な指導が創造性を育て、情操を高めます。
図工・子ども達の感性を最大限に引き出します。
音楽・個人レッスンのように細かく指導。
体育・専門的なことも交えて行います。

電子黒板の導入

学校教育のICT(情報・通信・技術)の時代に対応

 鮮明画像と板書機能が一体化し、音声も専用のスピーカーによって教室の隅々まで明瞭に届きます。
 各教科で活用ができ、子ども達は電子黒板を使った授業を毎回楽しみにしています。
電子黒板を使って算数の授業
お問い合わせ
ページの先頭へ