2019年度1学期

2019年度 1学期

3年生町探検・二ケ領用水を探検中!!

4年生消防署見学・色々な消防車を見学!

5・6年生修学旅行・日光東照宮「三猿」の彫刻の意味を聞こう!

春の遠足
 4月26日金曜日、全学年で横浜にある「八景島シーパラダイス」へ春の遠足に行きました。ショーでは、セイウチやペンギンの登場がとても可愛らしく、子ども達も拍手をたくさん送っていました。また、イルカの華麗な泳ぎとダイナミックなジャンプには圧倒され、目を輝かせて夢中で観ていました。普段見ることのできない海の生き物たちの生態にも迫り、各学年貴重な体験ができたようです。天気は生憎の雨でしたが、充実した楽しい春の遠足となりました。

町探検(3年・社会科)
 5月8日(水)に、3年生は社会科の授業で武蔵小杉駅や新丸子周辺の町探検に行ってきました。建物を見るだけではなく、移動しながら土地の使われ方を考えたり、神社でお参りをしたりもしました。見学前から楽しみにしていた日本に3台しかないデュエットフォンも、実際に見て触わることができました。これから、どんな絵地図が完成するのか楽しみです♪

消防署見学(4年・社会科)
 5月8日水曜日に、4年生社会科の授業の一環として中原消防署へ見学に行ってきました。消防署では、火災現場で働く救助隊やレスキュー隊、消火活動を行う方々の役割や火災を事前に防ぐ予防科についてお話を伺ったり、実際に消防車を見たりすることができました。また、偶然にも見学中に救急車出場サイレンが鳴り響き、間近で出場する救急車、隊員の方々の素早さを体感するとともに、人の命を第一に、24時間体制で真剣に働く方々の思いを実感できるような場面に立ち合い、貴重な時間を過ごせた見学となりました。

修学旅行(5・6年)
 5月23日(木)と24日(金)の二日間で、5・6年生が栃木県日光市へ1泊2日の修学旅行へ行ってきました。1日目は、明智平をはじめ、男体山・華厳の滝・龍頭の滝・湯滝などを見て、日光市の豊かな自然について学びました。また、日光東照宮では、三猿をはじめ、陽明門や眠り猫などの貴重な彫刻、輪王寺の三仏堂などの歴史的・文化的建造物を見学し、日本の歴史や伝統技術の奥深さを知ることができました。2日目は日光江戸村へ行き、江戸時代の街並みや人々の暮らしに触れたり、三味線やだるまの絵付けなどの江戸文化を体験したりすることができました。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚で、楽しみながら体験活動を行えました。2日間で貴重な体験をし、友達と寝食を共にすることで、協力することの大切さを知り、楽しい思い出を作れました。これから、修学旅行で学んだことをしっかりとまとめていきたいと思います。

パズルオリエンテーリング(全学年)
 6月1日土曜日に、大西学園多摩川グラウンドにてパズルオリエンテーリングが行われました。パズルオリエンテーリングは、全校児童を縦割りの班に分け、班ごとに割り振られた2種類の絵のピースを探しに行きます。どの班も、班長の6年生を中心に協力して広いグランドに隠されていたパズルを見つけました。
 オリエンテーリングの後はセミナーハウスで昼食をとり、テニスや野球等をして全校児童が思い切り体を動かして触れ合う時間を楽しみました。

浮島処理センター見学(4年)
 6月6日木曜日に、浮島処理センターへ見学に行ってきました。処理センターでは、燃やすごみの処理の仕方について映像を見て、焼却する際に出る熱の再利用方法、環境への取り組みについての説明を伺った後、収集したごみを溜めておくピットを見学しました。ピットにはたく山のごみが溜められていて、まるでごみの山のようです。そこに巨大クレーンのアームがごっそりとごみを掴んで焼却炉に入れる作業をしていました。燃やした灰は、すぐそばにある埋め立て地に運びます。このままごみを処理して埋め立てていくと、後35年で埋め立てる場所が無くなってしまうということも分かりました。
 粗大ごみを処理する施設では、まだまだ使えそうな家具や洗濯機などもあり、子ども達から思わず「まだ使えるのにもったいないな…。」という声。また、資源化処理施設では、牛乳パック等を目で見て分別する様子や、古紙やペットボトル、缶等が新しく生まれ変わって再利用されることを学習しました。
 ごみを減らす、出さない、再利用する(3R)ことの大切さに気が付くとともに、自分達がこれからの地球を守っていく為にできることは何か、ということを考える大きなきっかけとなった見学となりました。
ページのトップへ戻る